生育順調

2006.03.28 Tuesday

0
    20060328_119976.JPG
    まだ風の冷たい外とは異なり、一定の温度に保たれた暖かな温室の中で、日増しに生長している可愛らしいさくらんぼ。
    今年は、原油高で、ボイラ−燃料のA重油も、昨年比でみてもかなりいっちゃってます。先日の視察のお客様の中からも燃料高についての質問がありました。油代を支払って終わり!ってことにはならないことを願っています。
    ところで、今更のようですが、なぜ、視察園地になったり新聞に紹介されるか、というと、実は、さくらんぼの温室栽培を行っている農家は、青森県で当園だけなのです。今年で11年目となります。ここまで来るまでには、いろいろな苦労がありました。栽培管理の面、資金面とか。
    ここ何年か前から、あおもりの「冬の農業」推進事業で、当園の加温栽培が例に挙げられ、勉強会なども行っています。生産者が増えるといいですね。

    もうじき収穫期を迎えるわけですが、
    箱詰め(鏡詰め)は、一点の妥協も許さず、丁寧に詰めて行きます。
    お陰様で、市場の評価も高く、
    首都圏の高級フル−ツ店や百貨店などで、店頭に並びます。(4月20頃から)


    視察

    2006.03.23 Thursday

    0
      20060323_117126.JPG
      果樹園(サクランボ加温ハウス)に県から、お客様でした。
      あおもり「冬の農業推進チ−ム」のスタッフの方々他、50人ほどいらっしゃいました。

      満開

      2006.03.15 Wednesday

      0
        20060315_112353.JPG
        3棟あるさくらんぼハウスの3棟めが、今ちょうど満開となっています。
        受粉作業も今日でだいたい終わりです。
        今年もたくさん実をつけるといいな。

        さくらんぼ

        2006.03.09 Thursday

        0
          20060309_108800.JPG
          先日花が咲いたと思ったら、もうこんなに・・・
          早いところでは、あずき粒〜大豆ほどの大きさに。
          花の帽子を脱いで、ころんと見えるさくらんぼ。

          新聞に載りました

          2006.03.02 Thursday

          0
            20060302_104140.JPG
            花粉付けの様子が、朝刊に載りました。(東奥日報)
            5分咲きです。

            桜の開花予想も発表になりましたね。
            春が近づいてきました。
            でも、外はまた雪が積もりました。せっかく溶けたのに・・・」